社内改革の歴史

INNOVATION HISTORY


●残業時間や休日の待遇改善への取り組み

「のそら」ではライフワークバランスを重視しております。

仕事とプライベートの時間をしっかりと取れるようにすることで、
メリハリがある生活を送れるよう改善を行ってきました。


管理者を除いた1ヶ月間の平均残業時間は5.5時間となっており
多くのスタッフが週休2日で9:00~18:00での退社をしております。

しかし、あくまで当社の中心は「お客様」ですので
残業がないとは言いませんができるだけ通常出勤時間で帰れるよう
日々シフトの調整やスタッフ間でのバランス調整を行っております。


また、夏季特別休暇や年末年始の可変出勤などなるべく
プライベートとの両立が図れるよう改善を行っております。


 

●チームでの活動・協力体制の構築

「のそら」ではチームでの協力体制を重視しております。

新規の受け入れから、日々のシフト調整まで全てスタッフ間の相談にて決めております。
新卒でもベテランでも関係ありません。


会社としての共通の目標はありますが
それに到達するための方法に関しては各事業所のスタッフに委ねています。
(もちろん、アドバイスはさせて頂いておりますが・・・)


一時的にきつい仕事を受けたとしても
続かなければ意味がありません。
長期的な視野をもって継続的な事業所経営ができる。
それが当社の強みでもあります。


 

●引越応援制度

「のそら」では遠方からの就職者の方々に都内引越支援制度を設けております。

①初期費用立替制度。
引越しは初期費用が大変です。
それを当社が一時的に負担し、
毎月定額で無理のない金額を返済して頂ける制度です。


②住宅手当。
就業のために事業所の2km圏内に引越し、
通勤を自転車もしくは徒歩で行われる場合は、
住宅手当を支給させて頂きます。 地元を離れて東京でがんばってみたいという
生徒様がいらっしゃいましたら
ぜひ、ご相談くださいませ。


 

●他にもこのような改善をしてきました●

・完全週休二日制の実現

・年末年始の働き方の改正(12/31-1/3は原則お休み)

・1ヶ月の含み残業時間数を45時間から30時間に短縮(実際は平均5.5時間)

・交代での土日出勤(特定の職員に負担が偏らないように全員で調整)

・夏季特別休暇の付与(7月~9月に2日間付与。介護業界では珍しい取組です)

・給与体系の全面的見直し(給与の項目を明確化することで目標設定がしやすくなった)

・各職員に1台のパソコンを支給

・全職員の健康診断の実施

・登録ヘルパーの給与手当改定、ヘルパーミーティング(研修)皆勤賞設立

・自転車の補償制度を設立

・前日メールでのシフト通知ソフトの導入

・新規受入の相談および日々のシフトの考慮

・住宅手当の創設

 

 

 

訪問介護 よくある質問に答えちゃいます!!

Q1.最初から一人でサービスに出ることはありますか?

A:絶対にありません。
お宅にサービスに行く際は必ず事前の情報収集を行い、その後先輩ヘルパーさんと同行見学を行います。
そして、頃合いを見て先輩の見守る中、自分でサービスをスタートします。
自分一人でサービスができるまで何度も同行は繰り返し行います。
自分・同行してくれるヘルパーさん・お客様と全員が問題ないと判断できた時、
初めて一人でのサービスになります。

 

 

 

Q2.料理ができません。大丈夫でしょうか?

A:大丈夫です。研修でも調理実習を行いますので、まったく経験がなくても一から教えてもらえます。経験豊富なヘルパーさんが沢山いますので時短テクニックやコツなど色々と勉強できます。もちろん最初のうちは簡単な調理から初めて少しずつレベルアップしていくことも可能です。ただお家での練習は必要になるかと思います。

 

 

 

Q3.お客様とどのような話をしたらいいのでしょうか?

A:これはとても深い技術になります。お客様によって好まれる話題も違いますし、お話が好きか嫌いかでも分れます。また、私たちは介護職ですのでお客様の表情や仕草、動きで本人様の体調や異変を察知し問いかけをしながら連携をとっていかねばなりません。先輩ヘルパーがどんな話をしているのか、そしてご本人様がどんな話を好まれるのかを同行の際からよく観察しておき、自分自身が入った際も探っていくことが必要です。こういった技術も研修で勉強できますし、日々の研究が必要になります。

 

 

 

Q4.どんなサービスが多いのでしょうか?

A:お客様の状態により、サービス内容は変更になりますので一概にこのサービスが多いとは言えません。基本的には身体介護という体に関わるサービスと生活支援という生活全般に関わるサービスがあり、それらが複合している場合もあります。また当社は障がいの方のサービスもお引き受けしていますので下は小学生から上は100歳近くまであらゆる方のサービスに関わらせて頂いております。

 

 

 

株式会社のそらってこんな会社です。

「訪問介護は難しい」そんなイメージはありませんか?

よく「施設」へ行って経験を積んでから「訪問介護」に行くという話をお聞きします。
私たちはそうは考えておりません。もちろん経験はあってもいいと思います。
ただ「施設」で経験したことが訪問介護の現場で通用するとは限りません。

なぜならお客様ひとりひとりのこだわりに合わせてサービスを組み立てているからです。
あるお客様のサービスと他のお客様のサービス、同じ種類の内容でも
やり方が全く異なることもあります。

そう聞くと難しいと思われるかもしれませんが
私たち、訪問介護に関わるものはそこが喜びでもあります。

お客様の人生、歴史、生き様、思いなど
本当に深いところでのお付き合いをさせて頂きながら
本当にお客様が求められるサービスを共に探していく。
誠実で信頼できる人生のパートナーとなることを目指して日々サービス提供しています。

「のそら」では経験は問いません。
介護を生涯かけて学んでいきたい方。お客様を思いやり寄り添える方。
一緒に介護の明るい未来を創造してみませんか?